脱毛京都ランキング

脱毛@京都ランキング!【今話題の格安人気キャンペーン】

光脱毛の安全性

光脱毛のメリットとして安全性が挙げられる事は多いのですが、絶対に安全であるという保証はされていません。

副作用も起こりえますし、それは人為的な、経験の浅さから起こることも多いので、同じ機器を使ったとしても施術を行う人の技術力や知識・経験が不足していれば安全性が低くなります。

光脱毛の技術というのは、毛穴の中の、毛根部分に働きかけて毛の生えてくるチカラを失わせる、というものです。

この働きかけを行うのが、特定の波長をもった光の束のようなもので、それを特殊なフィルターを通してから照射することで脱毛効果を促しています。

このシステムも、以前はもっと発展途上であったため、今より更に危険であったりしました。
現在も発展途上であることは変わらないので、危険度が下がったとはいえ安全度MAXという意味でもありません。

たとえば、この光の照射の距離が近すぎれば火傷を負ってしまい、遠すぎれば脱毛効果が得られないというデメリットがあります。
距離やパワー出力の程度が重要であるため、施術する側の技術・経験がものをいうわけですね。

現在の「光脱毛機」は、この距離感のルールが緩和されているようで、以前に比べればシビアではないようです。

つまりあまり使い慣れていないエステティシャンにでも、ちゃんと脱毛効果と安全性を両立できるように作られているようです。

しかし、以前より安全性が高くなった、というだけで、油断は禁物です。

エステサロンを選ぶ際には、サロンごとのクチコミ情報を調べて比較したり、実際にお店をいくつか回って相談するなどして選ぶのが良いと思います。

レーザー脱毛の注意点

レーザー脱毛の欠点は、脱毛効果が肌の色や毛質に左右されてしまうことがある点です。ときとして、レーザーによる脱毛そのものを諦めなければいけない方も出てきます。

まず、レーザーはメラニン色素に反応するように調整されています。そのため、元々の肌が黒めの方や、一時的に日に焼けて黒くなっている方もその部分の照射をすると火傷のリスクが高いため施術が行えません。

ホクロやアザなどにも反応してしまうことは変わらず、その治療を先に行ってホクロを取り除いた後でないと脱毛施術が出来ないというパターンもあります。

また、部位としては、色素沈着や元々の人間の体質としてメラニン色素を多めに含んでいる乳輪、陰部、肛門などもレーザーの照射をすることで火傷を負ってしまうかもしれないのでレーザーによる脱毛は控えたほうが良いということになっていますね。

こういった意味ではそれらの部位の脱毛に特化した、サロンのハイジニーナ脱毛などが最も適しているかもしれません。

それから、レーザー脱毛の場合は、休止期の毛穴には全く効果がないため、全ての毛を永久脱毛するには毛周期が一巡するのに合わせてじっくり数回施術する必要があるので、通う回数はいくらか必要になります。(月1回のペースで8回程度と言われています)

また、毛の色が黒くないものにも反応が弱いので、白髪や産毛にはあまり効果が望めません。

そうはいっても、レーザー脱毛はまだ新しい技術ですし、現在も日々進歩していますから、毛質に左右されずに脱毛できるように脱毛機の改良は進んでいるようですね。

現段階では、以上から判るとおり毛が黒く、皮膚が黒くない部分に対して効果的に使える脱毛技術といえるでしょう。

最近の投稿
カテゴリー