脱毛京都ランキング

脱毛@京都ランキング!【今話題の格安人気キャンペーン】

電気脱毛は医療クリニックしか受けられない?

電気脱毛という脱毛方法は、脱毛したい毛穴のひとつひとつに針を挿し、そこから電気を通すことで毛穴の毛母細胞(毛の成長に関わる細胞)を破壊し、毛の再生を妨げるというものです。

この脱毛方法は、エステサロンでも医療脱毛クリニックでも行われています。しかし、大きな特徴として、痛みが強いこと、時間がかかること、料金が高額であることなどから、現在のように気楽に脱毛を受けようという風にはならなかったのです。

今は、より低価格で痛みも少なく、施術時間の短い脱毛方法がどんどん増えてきて、「これなら自分でも受けられそう」という人が増えている状況です。

そして、電気脱毛は、麻酔を使える医療機関で受けられる永久脱毛という立ち位置で今も残っていますが、エステサロンでは主流ではなくなりました。エステサロンでは医療行為を行う権限がないため、麻酔を使えません。

麻酔なしで電気脱毛を受けることに痛みの上で耐えられないという方が多いので、今は光脱毛などがエステサロンにおける脱毛方法の主流にとってかわったのです。

その結果実質電気脱毛という方法で永久脱毛をしたい場合には医療機関を探したほうが早いという状態になった、ということです。

エステサロンでは、現在フラッシュ(光)脱毛が多く取り入れられていて、これらは脱毛の永久性が保証されていません。

反面、電気脱毛は永久脱毛とされていますので、パッと見の価格比較では電気脱毛の方がとても高いように感じられるかもしれませんが、フラッシュ(光)脱毛を何度も、長期間受け続けることに比べると、確実な永久脱毛の効果が得られるということの対価には見合っているとも考えられます。

電気脱毛以外にも医療脱毛クリニックのレーザー脱毛は、同じように永久性を保証するもので且つ痛みも電気脱毛よりは弱いといわれていますので、永久脱毛をしたいと考えるときに必ずしも電気脱毛だけにこだわる必要はありません。

しかしどうしても電気脱毛で脱毛したいと考えるのであれば、美容外科などから探すのが手っ取り早い状況ではあるでしょう。

針脱毛のメリット

針を使った脱毛方法の最大のメリットはその確実性です。そして、それと同じくらい大きなメリットとして、毛質や生えている場所を選ばないということがいえます。

光技術を用いた脱毛方法と比較してみたときに、光の場合はメラニン色素に反応するため、皮膚が日焼けをしていたり、色素沈着で黒ずんでいたりすると皮膚のほうにも反応してしまい火傷を負わせてしまうことになりますが、針では色素は無関係なため日に焼けている部位でも脱毛できます。

また、皮膚が黒くなくとも、毛が密集しているというだけで光を使った脱毛では同じ火傷のリスクがあるのです。しかし針脱毛の場合には、毛が密集していようがまばらであろうが、白髪であろうが産毛であろうが、関係なく施術ができます。

それに、例えばですが、眉毛の形を整えるためにはなくす毛と残す毛を1本単位で分けた方が綺麗に仕上がりますよね。こういう繊細な脱毛には針が大変向いているといえます。

また、痛みは強いとされるものの、火傷が心配されるためにレーザーを当てられないナイーブな部分にも針での脱毛が可能です。

しかも、針脱毛の長所は最初にも述べましたように確実性が高いということです。一回施術した毛穴はしっかり脱毛されますから、しばらく経ったらまた生えてきたということにはなりません。

毛根一つ一つを確実に捉えて破壊する技術ですから時間はかかるものの、同じ場所を何度も繰り返し施術する必要はないことがメリットですね。

完全になくしてしまいたい毛には針脱毛が最も適しているでしょう。

最近の投稿
カテゴリー